開店祝いに贈る花について紹介するお部屋

開店祝いに贈る花についてわかりやすく解説します

開店祝いで花を贈る際に守るべきマナー

友人や家族が夢を実現させて、お店を開店、独立開業、新規店舗を開店したなどの場合には、開店祝いを贈ることが多く見られます。しかしお祝いを贈るのは初めてで、注意点やマナーなどはあるのかと心配になる場合も多いでしょう。まず開店祝いを贈る相場も重要になります。予算が低すぎてせっかく贈ったものが見栄えが悪ければ、かえって失礼になってしまうこともあります。相場としては相手との交際の新密度にもより異なりますが、気持ちとして届ける場合には5000円から8000円ほどが主流となります。数人の連名で贈ることで、一人一人の負担金額は少なくなるでしょう。法人として送る場合には、10000円から15000円ほどのアレンジメントのプレゼントが主流となります。それでは実際にお祝いを贈る時のマナーにはどのようなことがあるのでしょうか。

届けるタイミングと設置場所の確認をしましょう

まず、贈るタイミングに気をつけましょう。届ける場合には開店日の1週間前ぐらいから当日までに届くように、日時を指定して届けるようにしましょう。もしもオープニングパーティーや開店記念のイベントなどが行われ、それに招かれているのであればその日程に合わせて手配をします。ギリギリの日時に予約をすると当日に間に合わなくなる可能性もあるので、なるべく早めに手配を行うようにしましょう。新規開店をする場合には、様々なアクシデントも予想されます。工事が間に合わなくなり、途中で開店日が変更される場合もあります。そのため注文を確定する前に、改めて連絡して、開店の日時や店の状況について確認しておくと安心です。そしてお店には設置スペースが限られていることもあります。あまりにもスペースをとるようなものを贈ってしまうと、かえって迷惑になる可能性もあるので気をつけましょう。

タブーとされているものにも気をつけましょう

開店祝いを贈る場合には、タブーとされる贈り物もあります。それは火にまつわる贈り物です。火にまつわる贈り物は火事を連想させることから、縁起が良くないものとされています。このことから赤色一色のフラワーアレンジメントや赤色の観葉植物などの鉢植えは、火を連想させることから、先方からの依頼がない限りは避けた方が無難であるといえます。そして香りや花粉についても注意しなくてはなりません。もしもお祝いを贈る店が飲食店の場合は特に気をつける必要があります。香りの強いものや花粉の飛ぶものは、飲食店にはあまりふさわしくないといえるでしょう。花の贈り物は、飾るだけでその場を彩ってくれる、新しい門出をお祝いするには非常にふさわしい贈り物であるといえます。好みや予算に応じて最適なものを選ぶようにしましょう。