開店祝いに贈る花について紹介するお部屋

開店祝いに贈る花についてわかりやすく解説します

開店祝いで花を贈る理由について

新しくオープンしたお店、新装オープンした店舗には、開店祝いとしてお花が届いている光景がよく見られます。玄関や入り口にこうしたものがあると、とても華やかに見えて門出を祝ってくれている感じになっていきます。どの業種でも見られる現象であり、開店したら贈らないといけないものという認識が広まっています。では、実際に贈るのはなぜかということを考えている人はそこまでいません。開店の時に贈らないといけないものだとして贈っている人が多く、その効果としてどういったものが期待されているのか、深く考える人は少ないのが現状です。なぜ贈る必要があるのか、そうした理由を知ることは、今後、知り合いなどがお店を開業した際に意味をこめて贈ることができるようになります。

付き合いが広い印象を与えられる

開業したお店にとって大事なことは、最近オープンしたことを知ってもらい、スタートダッシュを決めることです。何もないような状態だと、その日にオープンしたと言われてもあまり信用してもらえませんが、開店祝いとしてお花があると、はた目から見ても開店したことが一目瞭然です。一方、贈られたものが多ければ多いほど、付き合いがとてもあることを意味しています。これが少ないと寂しく思われ、勢いも出にくくなります。また、贈られてきた人の名前がわかるようになっているため、この人とこの人が友達だったという発見や、意外な人物からの贈り物にびっくりすることなどもあり、とても重要なものであることがわかります。裏を返せば、贈る側にも名前を知ってもらうメリットがあることを意味しています。

贈る際には業種を考えて種類を選ぶべし

開店祝いの花には相場というものが存在し、取引先や家族、友人知人ではその額面も大きく変わります。取引先に大きなものを贈って存在感をアピールする、蜜月関係であることを印象付けさせるということにも使える一方、友人知人にささやかなプレゼントとして贈ることもできます。贈る理由としては、取引先のように、付き合いで贈る、関係性を深めたい、関係性を誇示したいといったビジネス的な意味合いもあれば、友人知人のように、頑張ってほしいという意味合いで贈ること、そして、同じグループ会社同士で贈り合うのが慣例になっている場合もあります。もし個人でそうしたことをする場合には、頑張ってほしいという気持ちをしたためたメッセージカードを添えると、その気持ちが伝わりやすくなるのでおすすめです。

ご注文時間より、3時間以内でお届けいたします。 当社はリーズナブル派からこだわり派まで、満足できる品ぞろえを用意しているので、特別料金のオーダーメイドもできます。 「大切な記念日をうっかり忘れてしまった」「急に花束を準備しなければならない・・・」など、急いでお送りする必要が出たときなどもお任せください。 開店祝いのお花は【リンクフローリスト】にお任せください!